COMPANY

代表メッセージ

「造林は先がないから、辞めた方がいいよ」

起業当初、知り合いの紹介で仕事を手伝ってくれていたある熟練従事者の方から言われた言葉です。「儲からないし、きついし、植えても鹿に食べられちゃうし。」その後も何人もの人に言われました。この仕事に精通している人ほどそういわれます。

それでも、この仕事をやろうと決めたのは、何より現場の仕事が本当に気持ちよかったから。現場からみえる景色や風が涙が出るほど気持ちよかった。僕の他にも、この仕事を必要としている人が、本当はもっといるんじゃないか、そう思うようになりました。

日本では毎年、東京ドーム約15,000個分の森林(約7万ヘクタール)が伐採(皆伐)されています。しかし、また植林される面積は労働力が不足しているためにその3割にも満たない。このままでは、どんどん森林が減っていってしまう。どんな時代であっても、どれだけ技術が発達しようと、人間は森林なしでは生きていけません。

僕たちの挑戦は、ただ森をつくるというだけでなく、森林資源の持続的な循環を妨げるあらゆる障害をなくすことです。日本にこの先もずっと豊かな森林と豊かな生活があり続けられるように、頑張っていきたいと思います。

株式会社GREEN FORESTERS 代表取締役
中井 照大郎

会社概要

会社名株式会社GREEN FORESTERS
設立日2020年7月15日
資本金1100万円(資本準備金含む)
本社所在地〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 5F(Midoriso内)
栃木団 〒324-0051 栃木県大田原市山の手2-21-3 
群馬団 〒370-1301 群馬県高崎市新町1765-1-2103
代表者中井照大郎(代表取締役)、中川雅也(取締役)、中間康介 (取締役)

「青葉組®」は株式会社GREEN FORESTERSの登録商標です。


取締役紹介

中井 照大郎代表取締役

大学卒業後、2011年に総合商社に入社しインドネシアのLNG(液化天然ガス)プロジェクトへの投資業務やオペレーションに従事。その後、再生可能エネルギーのベンチャー自然電力を経て、2017年4月西粟倉村へ移住。同年10月、森林管理専門会社である株式会社百森を創業、代表取締役共同代表に就任(現任)。

2020年7月、東京へ戻り、中間・中川らと共に育林事業で全国展開を目指す株式会社GREEN FORESTERSを創業、代表取締役に就任。

中間 康介取締役

大学卒業後、野村総合研究所にて、主に官公庁の制度設計・執行に関する業務に従事。その後スタートアップに参画し、介護×シェアリングエコノミーの領域で事業立ち上げに従事。現在は一般社団法人社会実装推進センターを創業し、代表理事に就任、官民連携プロジェクトの事業設計・運用管理を担当。林野庁主催林業アクセラレータプログラム「Sustainable Forest Action」の事務局も担当。

中川 雅也取締役

大学卒業後、インドネシアのスラバヤ、バンジャルマシンで籐、竹を使った敷物生産の貿易事業に勤務。 2008 年 地元和歌山県田辺市にU ターン。森林組合に勤務の後、2016年株式会社中川を設立、創業者兼従業員となる。「木を伐らない林業」を謳い、先進的な働きかたを推進、育林事業に特化し事業を展開。既存の業界常識に囚われず新たな創意工夫で新規事業を手掛ける。20名以上多くのIターン者を雇用。